オオサカ堂とはなにか。閉鎖することはあるのか

subpage1

オオサカ堂は、医薬品の個人輸入を代行してくれる業者です。
オオサカ堂という名称ですので日本の大阪にあるようなイメージがありますが、実際には香港にある会社で経営者も外国人になります。しかし、ホームページは日本語で行われていますし、サポートも日本語で行うことが可能です。また外国の業者の場合にはクレジットカード決済のみといったところが殆どですが銀行振込にも対応しています。

オオサカ堂の情報はこちらのサイトがオススメです。

なお、海外から輸入をするため注文してから到着するまで通常の方法であれば10日程度の日数が掛かることになります。
一方で、オオサカ堂はよく閉鎖するといった話がインターネット上で見られます。

ビジネスジャーナルはかなり有益な情報が揃っています。

オオサカ堂そのものは創業から19年と老舗の個人輸入代行業者で、一度も閉鎖したことはありません。

閉鎖と勘違いされたのがホームページのアドレスの移動です。



ホームページのアドレス変更は電子メールでのお知らせや旧ホームページアドレスで告知されます。

旧ホームページアドレスは期限が来れば表示されなくなりますが、いずれも見落とされることが多く閉鎖されたと勘違いする人が多くいます。
特に移転直後は検索エンジンが新しいホームページを認識していないことが多く、一定のタイムラグがあり、その結果、閉鎖しているという話が出回ることがあります。

なお、ホームページが変更されると同時に問い合わせに使われるメールアドレスも変更されるため、しっかりと送信先のアドレスなども確認しておく必要があります。